葉酸を含む食品とは

葉酸と言うからには、さぞ植物にたくさん含まれている成分なんだろうなと思いますよね。
もちろんそれもその通りなのですが、実は他の食品にも葉酸は豊富に含まれています。
一通り知っておくと食材選びにプラスになるでしょう。


葉酸を多く含む野菜

モロヘイヤ、パセリ、ホウレンソウ、ブロッコリー、アスパラガス、春菊、ヨモギ、高菜、クレソン 他


葉酸を多く含む豆

枝豆、そら豆、小豆、納豆 他


葉酸を多く含む海藻類

のり、岩のり、青のり、こんぶ 他


葉酸を多く含む肉、魚介類

レバー(鶏、牛、豚)、うに、いくら 他


その他

しいたけ、卵黄、ドリアン、ゆず 他


そして、ちょっとそのまま食べることはないと思いますが、緑茶の中には非常にたくさんの葉酸が含まれます。
抹茶を意識してみても良いかもしれませんね。
それぞれ食品成分表から、比較的多い順にピックアップしています。

葉酸は、ビタミンB12やビタミンB6、ビタミンCと一緒に協力しながら体内ではたらく性質があります。
葉酸だけを摂るのではなく、バランス良く摂取することで血液で赤血球を形成してくれます。
ただ、どうしても葉酸は吸収率が悪く、人間の身体ではなかなかうまく摂り入れることが出来ません。
だから、葉酸に関しては意識して多く摂取するように呼びかけられているのです。

葉酸への注目が早かった欧米では、パスタに葉酸を練り込んだりシリアルに入れたりすることで、葉酸を摂取しようとしているようですね。
うまく普段の食生活に馴染むように工夫しているわけですね。