葉酸サプリに副作用ってある?

葉酸が必要となると、不安になって多量に摂取したくなってしまう人がいてもおかしくはないですね。
葉酸サプリメントを過剰摂取した時に考えられる副作用のようなものはあるのでしょうか。


葉酸の推奨される摂取量は、妊娠予定の女性並びに妊娠3ヶ月までの女性で、食事の他に1日に400マイクログラムです。
それはそれとして、人間が葉酸の摂取に耐えられる上限量というのは、1日に1,000マイクログラムと定めがあります。
この上限量を耐用上限量と言いますが、これを超えることを過剰摂取と言うのです。


普通に食生活を送っていて、この葉酸の耐用上限量を超えてしまうような人はまずいません。
そもそも食物に含まれる量があまり多くない上に、体内で吸収率が悪いために摂り込める量に限りがあるからです。
でも、サプリメントは吸収率が非常に高くなるよう製造されている上に、ほんの少しの量の中に凝縮された成分が山のように詰め込まれた状態です。
例えばたった1粒で400マイクログラムも葉酸を摂取出来てしまうものもありますので、それをザラザラと何粒も飲めば、あっという間にキャパシティオーバーですね。


過剰摂取するとどうなるかと言うと、発熱や呼吸困難、そう痒症、じんましん、紅斑などが起こったり、体内での亜鉛吸収に抑制作用が起こったりすることが報告されています。
当然、少しオーバーしたからと言ってすぐに具合が悪くなるというものではありませんが、過ぎたるは及ばざるが如し、健康を求めて不健康を招いてしまわないようにしましょう。